神アプリを通じて出会った女性は、なんと小学校の同級生だった。 待ち合わせ場所で初めて彼女を見た瞬間、僕の記憶は小学生の頃へと引き戻されていた。 そして、彼女も、僕の問いかけに初めてそれに気づいたようで、表情が驚きに満ちた。 僕と彼女は、6年生の1年間に、二人で図書委員を務めていた。 僕にとって、彼女は初恋の人だった。しかし、彼女は私立の中学校に進学したため、僕は思いを告げることはできなかった。 その初恋の人と20年の歳月を経て再会したのだ。 僕と彼女は、街中のバーに入って、思い出話に花を咲かせた。多感だった小学生高学年のころ。話は尽きない。 あの頃と同じだ。彼女は笑うと、作ったようなえくぼが浮かぶ。改めて見ると、セミディの髪形も当時から変わらない。 道理で、すぐに気づくわけである。 彼女も子供の頃の話を無邪気に楽しんでいるようであり、思い出話は尽きなかった。 しかし、僕は、相手が誰であれレトロな話をしに来たわけではない。 今の彼女が何をしているのか、なぜ神アプリに登録していたのか、それは敢えて聞かなかった。 僕は、目的を果たせればそれでいい。たまたま彼女が僕の初恋の人だったのは、神アプリが与えてくれたボーナスのようなものだろう。 神待ちサイトで困っている女の子と交流する もちろん、彼女もその意志でここに来たわけであり、僕を拒みはしなかった。 その晩、僕はこれ以上なく、燃えた。 小学生の頃はセックスなんて知らなかった。好きな女の子と何となく一緒にいたいなあと思うくらいだった。 それが今や、二人とも大人になって、体を合わせている。乱れる彼女の喘ぎ声は、小学生は持っていないものだ。 今、僕の目の前に入るのは、初恋の人ではない。利害が一致した神アプリ仲間だ。 行為が終わった後、僕は疲れきっている彼女の手を優しく握った。 彼女は放心状態で天井を見上げている。僕は、図書室で本棚から本を取り出して目を落としているその横顔が好きだった。 そして、今こそ、初恋に決着をつける時だと僕は思った。 「好きです、僕と付き合ってください」 すると、彼女は驚いたように目を見張ると、やがてえくぼを作りながら言った。 「ごめんなさい、他に好きな人がいるんです」 こうして、僕の初恋は終わった。 そして、神アプリを通して、新しい恋は始まっている。 ほべつに 援デリ業者
書き込みはまだありません。
222